行政書士の国家試験−行政書士★資格取得!
行政書士の国家試験


 行政書士の資格試験は国家試験になりますが、その受験資格に制限はありません。誰でも受験することができます。

 試験は、例年11月の第2日曜日に、都道府県知事が(財)行政書士試験研究センターに委託する形で、全国の47都道府県で開催されます。

試験科目
・法律科目として、憲法、民法、行政法、商法など。
・一般知識として、政治、経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解、その他の法律関連問題など。

※平成17年度までの試験科目、行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等は、一般知識の一部として出題されるようになりました。

出題形式
 マークシート方式(5肢択一)と記述式あり。

合格判定基準
 法律科目、一般知識の全体で60%以上を得点し、さらに法令科目で50%、一般知識で40%以上の得点をしていること。※どちらか一方でも基準に満たない場合、全体で60%を超えていても不合格となります。(問題の難易度により、補正的措置あり)



Copyright(C)
行政書士★資格取得!

行政書士の国家試験−行政書士★資格取得!